黒洋.com

エンタメ総合案内&雑記ブログ

私たちはどうかしている Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ 浜辺美波 ]

価格:20,328円
(2021/3/4 19:18時点)
感想(1件)





15年前。老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が何者かに殺害された。
そして、彼の息子の証言から、住み込みで働いていた女性職人が容疑者として逮捕される。

互いに初恋の相手だったはずの七桜(なお)と椿(つばき)は、容疑者の娘と被害者の息子となり、 憎み合ったまま離ればなれに…。

そして、15年の時を経て、二人は運命の再会を果たす。

椿は、七桜を幼なじみと気づかぬまま、 再会したその日にプロポーズ!
母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む七桜!
しかし、そこには、結婚に反対する女将の執拗な嫌がらせやドロドロのお家事情など、様々な逆境が待ち受けていて…!?

過酷な運命に翻弄されながらも、惹かれ合う二人。
そして、15年前の事件の真相とはー!?








ブログランキング・にほんブログ村へ

【先着特典】おカネの切れ目が恋のはじまり Blu-ray BOX【Blu-ray】(B6クリアファイル) [ 松岡茉優 ]

価格:11,220円
(2021/3/4 19:09時点)
感想(0件)





中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九?玲子(松岡茉優)は、モノも恋にも一途な“清貧女子”。

そんな玲子に訪れた「お迎えの日」。1年越しの片思いの相手「1680円の豆皿」をようやく買いに行くことにしたのだ。
手作りした豆皿専用のコースターを部屋に配置して、愛しの豆皿と結ばれようとした瞬間、
目の前で女性連れの派手な装いの男が、購入してしまい…。

その男は、なんと玲子が勤める会社の御曹司・猿渡慶太(三浦春馬)だった。
そんな折、慶太の度を越した浪費ぶりに社長である父・猿渡富彦(草刈正雄)が激怒し、お金の勉強のために異動させ、慶太は経理部にやってきた。

最悪な再会の中、玲子は慶太の指導係に任命されてしまう。
悪びれもなく浪費する慶太は、玲子とは、まさに正反対のタイプの人間。慶太の浪費っぷりに目を見張る玲子。
穏やかだった玲子の日常が一変する。
さらに、あることがきっかけで慶太は玲子の家に住み込むことになり、玲子は慶太の意外な一面を知ることになる。
“根は悪い人じゃないかもしれない”
玲子は、経理部でも、プライベートでも正しいおカネの使い方を教えることになる。








ブログランキング・にほんブログ村へ





出身地・奄美大島に生活の拠点を置きながら精力的な活動を続け、その唯一無二の歌声と存在感で聴く者を魅了し続ける日本を代表する女性シンガーの1人、元ちとせのデビュー曲「ワダツミの木」のMUSIC VIDEOを、2021年2月6日でデビュー20周年イヤーを迎えるのを記念してフル公開。






ブログランキング・にほんブログ村へ

168時間の奇跡 (単行本) [ 新堂 冬樹 ]

価格:1,870円
(2021/3/4 16:51時点)
感想(0件)





沢口涼也はある出来事の贖罪のため、街金会社の支店長の職を辞し、5年前に保護犬施設「ワン子の園」の運営を始めた。体も心も傷ついた犬たちとボランティアのスタッフたちと過ごす毎日だ。様々な里親希望者が訪れるが、犬たちにとって最善の飼い主かどうかを見極めることも大切な仕事だ。そんなある日、恋人で動物愛護相談センターで働く華の元に、犬の虐待を知らせる一報が入るが。








ブログランキング・にほんブログ村へ

【楽天ブックス限定全巻購入特典 全巻購入特典】神様になった日 3(完全生産限定版)【Blu-ray】(A5アクリルスタンド 全巻収納BOX) [ 佐倉綾音 ]

価格:7,315円
(2021/3/2 18:28時点)
感想(0件)





彼女が神様になった日、世界は終焉へと動き出したーー/高校最後の夏休み、大学受験を控えた日々を送る成神陽太の目の前に、ある日突然「全知の神」を自称する少女・ひなが現れる。
「30日後にこの世界は終わる」/そう告げるひなに困惑する陽太だったが、神のような予知能力を目の当たりにし、その力が本物だと確信する。
超常的な力とは裏腹に、天真爛漫であどけないひなは、なぜか陽太の家に居候することが決まり、2人は共同生活を送ることになる。
「世界の終わり」に向けて、騒がしいひと夏が始まる。








ブログランキング・にほんブログ村へ

僕は僕の書いた小説を知らない [ 喜友名トト ]

価格:693円
(2021/3/2 16:39時点)
感想(0件)



ある朝目覚めた小説家の俺は、「昨日」の記憶がないことに気づく。どうやら俺は一日ごとに記憶がリセットされ、新しいことを覚えられないという症状を抱えているらしい。可愛い女の子と出会っても、小説を書き進めても、そのすべてを明日には忘れてしまう。絶望的な状況のなか、「負けるものか。諦めるものか。絶対に書くんだ」というメッセージとともに5万字を越える書きかけの小説が、パソコンの中には残されておりーー。第六回ネット小説大賞を受賞した「あきらめない」物語、待望の書籍化!




どんな状況でも支えてくれる人はきっといる。

昨日の記憶が残せない主人公。社会にうまく適応できない彼は外に出て仕事に就くことを諦め、小説家として生きていくことにします。小説を書いていても当然次の日には記憶をなくしてしまうので毎日記録をつけ、次の日にはその記録を頼りに小説を書き進めます。

毎日が新しい自分、新しい一日、人は過去を積み重ね自分という人間を構築します。彼にはそれがないのです。しかし彼は書き残したメモを通して、昨日の知らない自分と向き合い、時には励まされながら懸命に生きています。

彼がこの困難な状況の中で、いろんな試練に立ち向かい生きていけるのは、彼を理解して優しく見守り支えてくれる人たちがいるからです。

本当に信頼できる人は自分が困難な状況になってからわかると言います。彼は毎日が困難の連続ですが、数は多くなくとも深い絆で結ばれた人達が周りにいることは、かりそめの友人関係で満足している人たちよりは幸せなのかもしれません。







ブログランキング・にほんブログ村へ

はたらく細胞BLACK 1 [ 榎木淳弥 ]

価格:2,541円
(2021/3/2 14:12時点)
感想(0件)





毎日せっせと体中に酸素を運ぶ、新米赤血球。
しかし彼の職場の労働環境は、徹底的にブラックーー!!
飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足……
不健康の総合商社のような世界で、過重労働の末に細胞たちは何を思うのか?
これは、あなたの体の物語ーー。








ブログランキング・にほんブログ村へ